突きつめた技術がここにある

コーン紙

1964年の創業以来作り続けているコーン紙は、お客様のニーズに合わせ、
様々な素材や複合材にも挑んできました。
長年培った加工技術や経験で、様々なシーンに合うコーン紙の製作が可能です。

1964年の創業以来作り続けているコーン紙は、お客様のニーズに合わせ、様々な素材や複合材にも挑んできました。
長年培った加工技術や経験で、様々なシーンに合うコーン紙の製作が可能です。

●保有技術一覧(コーン紙)

部品名  部品種  行程  保有技術  特徴
 コーン紙 
パルプ     抄紙     スライド式 大量生産、小スペース
UP-DOWN 大口径用、高剛性
2層抄紙 外観と音質の両立
手漉き 手動抄紙、金型費安価
ナノファイバー振動板 ナノファイバー混抄
高分子 射出成形     通常  
クロスインサート クロスと樹脂の一体成形
エラストマーインサート エッジ部のインサート成形
インモールド成形 外観改善
 シート成形   アクリル、PP系発泡シートの成形
クロス クロス成形 通常  
高圧プレス成形 外観、剛性改善
PPプリプレグ加工 熱可塑性プリプレグ
熱硬化性樹脂含浸加工 原反巾での熱硬化性樹脂含浸加工
HCM成形 特性・信頼性改善
メタル 金属成形 通常 アルミ材+アルマイト加工
複合材 クロス成形+抄紙    
射出成形+抄紙    
金属成形+抄紙    
クロス成形+シート成形    
 

●コーン胴体材の種類

●パルプ胴体(抄紙)

パルプ胴体材
 
 
パルプ胴体材
 

 

 
●ギフトク抄紙の特長

歴史的な紙の産地、美濃市という立地は、抄紙づくりに様々な意味で適しています。この立地によりギフトクの抄紙には特徴が存在します。
 
豊富で抄紙に適した水(硬度:20以下)
「SP」材・ナノセルロース(50nm)等の入手困難な材料の安定確保
2種類の抄紙機の使い分け(スライド・up-down)
1300年の歴史ある美濃和紙産地であり、またそれらに関わる紙業研究所との連携がある。
 

武儀郡牧渓郷御手洗村紙干しの図
(美濃紙抄製図説)

 

  ナノセルロース

 
●ギフトク抄紙の特長

歴史的な紙の産地、美濃市という立地は、抄紙づくりに様々な意味で適しています。この立地によりギフトクの抄紙には特徴が存在します。
 
豊富で抄紙に適した水(硬度:20以下)
「SP」材・ナノセルロース(50nm)等の入手困難な材料の安定確保
2種類の抄紙機の使い分け(スライド・up-down)
1300年の歴史ある美濃和紙産地であり、またそれらに関わる紙業研究所との連携がある。
 

武儀郡牧渓郷御手洗村紙干しの図
(美濃紙抄製図説)

 

  ナノセルロース

● 高分子胴体(射出成形)

 
 
射出成形(PPコーン)
 

●ギフトク射出成形の特長

 
①ハイサイクル全自動射出成型機
 
②射出成形+αの技術
 ・クロスインサート
 ・エラストマーエッジインサート
 ・インモールド成形
 

 

コーン紙射出成形マシン
 
 

①ハイサイクル全自動射出成型機
 
②射出成形+αの技術
 ・クロスインサート
 ・エラストマーエッジインサート
 ・インモールド成形

 

コーン紙射出成形マシン

クロスインサート
 
クロスインサート
エラストマーエッジインサート
 
エラストマーエッジインサート
インモールド成形
 
インモールド成形

●クロス胴体(AFRP・CFRP)

フェノール系熱硬化樹脂
 
フェノール系熱硬化性樹脂
エポキシ系熱硬化樹脂
 
エポキシ系熱硬化性樹脂
PP系熱可塑性樹脂
 
PP系熱可塑性樹脂

●クロス材の特長

① クロス材・・・アラミド、カーボン、ガラスクロス等

② 含浸剤・・・熱硬化性樹脂(フェノール系、エポキシ系)、熱可塑性樹脂(PP系)

① クロス材・・・アラミド、カーボン、
  ガラスクロス等

② 含浸剤・・・熱硬化性樹脂(フェノール系、
  エポキシ系)、熱可塑性樹脂(PP系)

 
 

●メタル胴体(アルミ)

アルミ t0.12 アルマイト
 
アルミ t0.12 アルマイト
アルミ t0.12 黒アルマイト
 
アルミ t0.12 黒アルマイト
アルミ t0.15 黒アルマイト
 
アルミ t0.15 黒アルマイト

●メタル胴体の特長

アルミ t0.12材 をベースに、成形→アルマイト処理 が標準仕様です。

ダイヤフラム製造技術に蓄積した技術で、ネック部立ち等、成形困難な寸法も正確に再現します。

アルミ t0.12材 をベースに、成形→アルマイト処理 が標準仕様です。

ダイヤフラム製造技術に蓄積した技術で、ネック部立ち等、成形困難な寸法も正確に再現します。

 
 

●複合材胴体

アラミドクロス+アクリルフォーム
 
アラミドクロス+アクリルフォーム
カーボンクロス+パルプ
 
カーボンクロス+パルプ
アラミドクロス+PPフォーム
 
アラミドクロス+PPフォーム

● ギフトク複合材の特長

上記技術(抄紙、射出成形、クロス成形、金属成形)の他、フィルム成形、ダンパー成形を複合化させたコーン紙加工が可能です。
上記技術(抄紙、射出成形、クロス成形、金属成形)の他、フィルム成形、ダンパー成形を複合化させたコーン紙加工が可能です。